資格の通信教育は本当に役に立つのだろうか?

当ブログでは、通信教育の宣伝をしていません。実を言うと、通信教育の宣伝をした方がもうかると思います(笑)。ただ、資格に合格するだけなら、ほとんどの資格勉強に高い通信教育は必要ないというのが管理人の意見です。※当記事は、管理人の超主観的記事です。

通信教育を利用している女性。教材の内容が分からない。

スポンサーリンク

どうしてネット上では通信教育の宣伝が多いのか

ネット上を見渡すと、資格の通信教育の宣伝があふれています。ご存じの方も多いかもしれませんが、これには理由があります。

ネット上でサイトやブログの運営者が金を稼ぐには、高額な商品を紹介した方が効率が良いからです。たとえば、5万の通信教育を紹介してその商品が売れれば、それだけで最低数千円の利益になるのです。

一方、数千円の参考書を紹介して売れたとしても、実は利益は100円にもなりません。

このような理由から、ネット上では通信教育の宣伝が多いのです。

通信教育の方が合格率が高いのか?

魅力的な宣伝文句が多い通信教育。「通信教育のおかげで資格に合格できました!」なんて宣伝文句が踊っています。でも、実際にどれくらい合格したかというデータを公開している通信教育はほとんど見たことがありません。

独学の費用の数倍以上も払って、もし合格の可能性が同じかそれ以下なら通信教育を選択する必要があるのでしょうか?

通信教育の教材が悪いのか?それとも・・・

こんな記事を書いておきながら、管理人は通信教育をあまり利用したことがありません。なので、通信教育の教材の良し悪しについては言及しません。

過去問からの出題率の高い資格ならば、過去問を購入して繰り返し勉強した方が良いです。ただ単に合格するだけなら、通信教育は必要ないはずです。

過去問からあまり出題されない難関資格は、確実な勉強方法がないのが現状です。通信教育で勉強しようが、独学で勉強しようが、結局は勉強量をこなすしか選択肢はありません。

最近の参考書は質があがってきています。マイナーな資格以外なら、かなり良い参考書がそろっています。通信教育の教材に多少劣ったとしても、そこまで差はないはずです。

なぜ通信教育をすすめないのか?

当ブログで通信教育をすすめない理由は、あまり受験者のためにならないと思うからです。

通信教育はお金がかかるというのもありますが、一番は受験者の依存心です。「これだけ高い教材で勉強すれば平気だろう」と高い通信教育を購入しただけで満足してしまう人が多いと思うからです。

資格の勉強では、どうすれば合格できるのかを考えながら勉強するのが一番大事だと管理人は思います。「この部分は理解できないから丸暗記で対応しよう」とか、「この分野は頻出分野だから重点的に勉強しよう」と考えながら勉強するのが大事だと思います。

通信教育に頼りきってしまうと、こういった部分が他人任せになってしまいます。

これは非常にもったいないことです。このように考えながら勉強するというプロセスは、人として成長するチャンスでもあると思うからです。

管理人は資格の勉強を通して、いろいろなことを学びました。スケジュール管理や継続することの大切さなども学びました。それらは、資格に合格したという事実より大切なことです。

今は単なる資格マニアになりましたが、資格の勉強を始めた頃は本当にたくさんのことを学ばせていただきました。これから資格の勉強をする人には、独学でいろいろ考えながら勉強して欲しいという気持ちが強いのです。

通信教育で良さそうだなと感じる点

通信教育でも良さそうだなと感じる点もあります。それは、分からない部分を質問できる点です。実際利用したことがないので詳しくは分かりませんが、この点だけはすばらしそうだなと思います。うまくこの仕組みが機能しているかは、受講してみないと分かりませんが。

他には、動画教材にも魅力を感じます。特に技術系の資格ですと、実物や実物の写真を使ってうまく動画で説明できればわかりやすいかもしれません。

でも、高いお金を払うなら、通信教育より通学講座の方が良いのかなと思ったりします。もちろん安い通信教育ならアリです。

最後に

通信教育の宣伝文句に魅力的な言葉が並んでいても、結局勉強するのはあなた自身です。受け身の姿勢で通信教育を利用すれば、あなたのためになりません。

通信教育を利用する際は、慎重に判断しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする