スポンサーリンク
独学で電験3種に合格しよう

独学で電験3種に合格しよう

初学者が独学で電験3種に合格するには、1000時間単位の勉強が必要と言われます。管理人も計測していない時間を合わせると、1000時間以上電験3種と向き合いました。電験3種を独学で勉強することで、電気の基礎知識以上のことが学べる人も多いと思います。

【電験3種】法規は暗記科目だけど…

【電験3種】法規は暗記科目だけど…

電験3種のクセモノが法規です。暗記するだけの簡単な科目に感じますが、それは一昔前の話です。今は過去問の演習だけでは合格が難しくなっています。この記事では、電験3種の法規科目の難易度、参考書、勉強方法を紹介ていきます。

平成27年度電験3種の合格発表がされました

平成27年度電験3種の合格発表がされました

平成27年度電験3種の合格率は7.7%でした。去年と一昨年は8%台でした。もう合格率が二桁になることはなさそうです。合格点は全科目で55点。合格率は機械だけ低く、10.7%。他の科目は例年より合格率が高かったです。全体的には例年通りと言えるかもしれません。

不合格を覚悟していた危険物甲種の合格発表

不合格を覚悟していた危険物甲種の合格発表

本日が先日受験した危険物甲種の合格発表日でした。ギリギリ合格でした。模擬試験の出来も悪く、ギリギリ勝負になるかな程度の状態で受験しました。「危険物甲種は簡単」というイメージを持っていましたが、かなり難しく感じました。免状が届いたらまた記事を書くので、この記事では軽く今回の危険物甲種受験に触れようと思います。

【電験3種】最難関科目機械の勉強法

【電験3種】最難関科目機械の勉強法

電験3種のなかで最も難しい科目は機械だと思います。管理人が機械を勉強した時の経験談をこの記事に書きたいと思います。この記事では、電験3種の機械科目の難易度、参考書、勉強方法を紹介ていきます。

【消防設備士乙6】合格体験記

【消防設備士乙6】合格体験記

乙種第6類消防設備士は、身近にある消火器に関する資格試験です。4類の消防設備士の次に受験者数が多いです。この記事では、消防設備士乙種6類の難易度、参考書、勉強方法、管理人の体験談等を紹介していきます。

スポンサーリンク