エネルギー管理士受験1年目の体験記

電験2.5種とも言われるエネルギー管理士という資格。管理人は、電験3種合格の2年後に電気分野で初挑戦しました。この記事は、エネルギー管理士受験1年目の体験記です。まだ課目合格の段階ですが、1年目に使用した参考書や勉強方法等を紹介していきます。

平成27年度エネルギー管理士の受験結果。

スポンサーリンク

【受験概要】

【資格名称】エネルギー管理士 電気分野
【受験年度】平成27年度
【自己採点】課目Ⅰ:153/200 (76.5%) 課目Ⅱ:121/150 (80.7%)

※課目Ⅲと課目Ⅳは受験していません。

勉強時間

1年目の勉強期間は5か月強、勉強時間は91時間48分。

平成25年度に電験3種に合格しています。電験3種合格後の約2年間は、ほとんど電気の勉強をしていませんでした。電気数学に関しては、ラプラス変換は全く分からない状態でした。微分積分は、基礎的な知識は理解していました。

【受験動機】

電験3種合格の次は、当然電験2種があります。しかし、電験2種は2次試験があったりとかなり難関のイメージがありました。電験3種ですら難関に感じた自分では、簡単には合格できないだろうと感じていました。

電験3種で苦労して学んだ知識が勿体ないとも感じていました。そこで今すぐ電験2種は無理でも、まずは電験2.5種と呼ばれるエネルギー管理士に挑戦しようと思い立ちました。

【1年目に使用した参考書】

エネルギー管理士の受験1年目に使用した参考書。ちなみに受験1年目は、課目Ⅰと課目Ⅱを受験した。

(1) いちばんよくわかる電験第2種数学入門帖

エネルギー管理士の課目Ⅱは電験3種の理論でしょうか?この課目では、ラプラス変換や微分積分が必須です。大学で学んだ方は、過去問演習だけで問題ないと思います。それ以外の方は、数学の勉強が必須です。

その為の参考書が「数学入門帖」と呼ばれたりもするこの参考書です。例題と応用問題がありますが、応用問題はかなり難しかったです。私は、テキストを読んで例題を解いただけです。

非常に分かりやすい参考書でおすすめです。

(2) エネルギー管理士 過去問

2課目しか受験していませんが、エネルギー管理士は過去問に近い問題の出題が多かったです。電験3種より難易度は高いかもしれませんが、問題は素直だと思いました。

管理人は平成28年に残り2課目を受験しますが、過去問中心の勉強になると思います。平成27年度は、16年分の過去問が載っているオーム社の過去問題集を使用しました。

私が持っているオーム社の過去問は、平成23年度までしか載っていません。今年の受験では、最近の過去問が掲載されている過去問題集を購入予定です。

上の電気書院さんは10年分の過去問。下のオーム社の模範解答集は12年分の過去問が掲載されており、オーム社の過去問の方がコストパフォーマンスが高そうです。私はオーム社の16年間分(平成8年~平成23年)の過去問を購入しましたが、今は販売していないようです。

電験3種の場合、電気書院の過去問は左のページに問題が1問掲載されていて、右のページをまるまる使って解説がのっています。電気書院の電験3種の過去問は非常に使いやすいのですが、エネ管の過去問は電気書院もオーム社のものも問題の下に解答と解説がくるタイプです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク