エネルギー管理士に合格したはいいが実務証明をどうするか

平成28年度のエネルギー管理士試験電気分野に無事合格しました。エネルギー管理士試験は、合格しただけだと資格にはなりません。別に資格自体は必要ないのですが…どうすべきかな。

スポンサーリンク

平成28年度のエネルギー管理士試験

平成28年度のエネルギー管理士試験は、例年より難しかったと思います。全体の合格率が20%くらいでした。例年より少し低いです。

数年前からエネルギー管理士の公式統計は、熱分野と電気分野が合わさったものになってしまいました。熱分野と電気分野は、かなり難易度が違う時があります。昔みたいに、別々に公式統計を出して欲しいところです。

理系人として生きたいブログさんの記事によると、電気分野の合格率が19%程度、熱分野が21%程度だそうです

電気分野は、合格率が15%くらいの年度もあることを考えると、やや難しかったというレベルでしょう。熱分野も合格率が20%を切る年度もあるので、こちらも電気分野と同じく、やや難しかったというレベルでしょうか?

平成28年度は、例年と違う傾向の問題も出題されていました。エネルギー管理士試験も、電験3種と同じように難化していくのかもしれません。受験を考えている方は、早めに受験した方が得策だと思います。

封筒が届くかはがきが届くか

エネルギー管理士は、合格すると封筒が届きます。不合格だと、ハガキが届きます。

エネルギー管理士合格証明書が入った封筒。

管理人の自宅にも、はがき組より少し遅れて簡易書留で封筒が届きました。封筒の中には、案内書、エネルギー管理士試験合格証、そしてエネルギー使用合理化実務従事証明書などが入っていました。

エネルギー管理士試験合格証。これだけではまだ資格にならない。

エネルギー使用合理化実務証明書。これを提出することで、エネルギー管理士の資格が取得できる。

エネルギー管理士は、合格しただけだと資格になりません。賞状も、「資格証」ではなくて、「合格証」になっています。上の実務証明書に必要事項を記入して、偉い人の印鑑をもらって初めて資格へと進化します。

そして、管理人の場合、エネルギー管理士を「資格」にするのが、意外とハードルが高いかもしれません。

問題のエネルギー使用合理化実務従事証明書

管理人は、エネルギー管理士の資格自体は必要ありません。ただ、せっかく合格したので、後進のためにも、「合格」から「資格」にするというプロセスを踏んでみようと思います。

あまり詳しく書けませんが、管理人はかなり難しい状況です。

まず、印鑑をもらうって…誰の印鑑をもらえばいいんだよ!自社工場とかなら簡単でしょうが、委託になると少し複雑になりそうです。施設のオーナーの印鑑だと、自分の場合、まず印鑑をもらえそうにありません。

次に、エネルギー使用の合理化の実務って…普段は、ほとんど雑用とルーチンしかしてねぇし(笑)。ここは、ブログで鍛えた作文力の出番かもしれません。

こんな状態でも、資格になるかどうか試してみます。体を張った実験です。まず、省エネルギーセンターに電話してみようと思います。

最後に

なんとなくエネルギー管理士に合格しました。管理人の場合、試験の本番は合格後になるかもしれません。ダメもとで実務証明書を書いてみようと思います。

【実務証明】エネルギー管理士免状を無事取得しました
エネルギー管理士の免状が自宅に届きました。試験合格後は実務証明が不安でしたが、無事免状を取得できました。この記事では、私のエ...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク