社会人になって資格の勉強ができるのは感謝しかない

なにかと忙しい現代社会。年をとるごとにしがらみが増え、やるべきことも増えていきます。資格の勉強も、やるべきことのなかに含まれる人もいるかもしれません。それでも、資格の勉強ができるということは、かなり幸せなことだと最近思うようになりました。

社会人になっても資格の勉強をする男性。

スポンサーリンク

仕事と生活に追われる日々

社会人になると、仕事にほとんどの時間を拘束されます。1日8時間勤務だとしても、通勤時間を合わせると、10時間以上拘束されるかもしれません。残業がある職場ですと、日中は仕事をして、夜は帰宅して寝るだけの生活というのもよく聞く話です。

そして、仕事にプラスして家事や家の雑務をしなくてはなりません。もうそうなってくると、休日以外は、まとまった自由時間を取るのは難しくなってきます。

子供がいる人や、親の介護をしている人は、もっと時間を取るのが難しいでしょう。

管理人の場合、両親は健康だし、仕事は残業があまりないし、資格受験のためにスケジュール調整もできます。不幸なことに結婚していないので、しがらみも少ないです。

あらためて周りを見ると、管理人は資格の勉強ができることが非常に幸せに思えてきました。

世の中には勉強したくてもできない人も多い

世の中には、勉強したくでもできない人が多いのも事実です。日本の外に目を向ければ、衣食住もままならない人が多いです。そんな人たちは勉強どころではありません。

また、日本でも同じような例はあります。先日、生活保護世帯の子供が、自分で学費用にためたバイト代を保護費の不正受給として返還させられたという話をラジオで聞きました。

世の中には、勉強したくてもできない人がかなりいます。

そんななかで、資格マニアとして参考書をたくさん買えて、資格試験を受けまくれるというのは非常にゼイタクなことだと思っています。しかも、幸運なことに、私はこのブログから資格勉強の費用をある程度ねん出できます。

他人と比較することが良いことだとは思いませんが、それでも資格の勉強ができるということは幸せなことだと強く思うようになりました。

やらされている資格勉強も役に立つ

読者の皆様は、管理人のような資格マニアばかりではないでしょう。昇進するためや、会社の命令で資格の勉強を嫌々している人も多いと思います。転職するために、歯を食いしばって資格の勉強をしている人もいると思います。

管理人もそんなに資格の勉強が好きではないので、資格の勉強が嫌な人の気持ちがよく分かります。でも、嫌々でも取得した資格は、必ずあとで役に立ちます

資格マニアが取得する資格は役に立たないかもしれませんが、社命で取得する資格は必ず役に立ちます。また、方向性が間違っていなければ、転職や昇進のための資格勉強も役に立つ可能性が高いです。

もしあなたが資格の勉強を嫌々しているなら、資格の勉強ができるということがどれだけ幸せなことか考えてみると良いかもしれません。あなたは、資格の勉強ができるチャンスを与えられているのです。資格の勉強は、一段上に行くチャンスかもしれません。

資格の勉強も丸暗記をしなければ身になる

資格マニアのよくあるパターンとして、丸暗記勉強法があげられます。試験に出そうな問題を暗記して、資格に合格するだけの勉強法です。これだとなにも身につきません。管理人もこの勉強法で攻略した資格は数知れません。

しかし、分からなくても何か理解しようとして資格の勉強をすると、知識がみについたり、理解が深まったりします。管理人も最近は何か理解しようと意識しながら、資格の勉強をするようになりました。

簡単と言われる資格も、合格するのが簡単なだけなのです。理解するのは難しいのです。特に理系資格は丸暗記気味で勉強すると簡単に合格できますが、資格勉強の内容を理解しようとすると大学院レベルということもあります。

資格の勉強は完全に理解しようとすると無理ですが、少しでも理解しようとすれば必ず何か身になります。資格の勉強を通して、自分を向上させるチャンスがあるのです。

最後に

今回の記事では、偉そうなことを書いてしまいました。昔は、資格を取れば会社から手当てが出るし、ブログで多少お金が稼げるくらいにしか思っていなかったのも事実です。

でも、働きながら資格の勉強を続けていくうちに、自分の恵まれた環境に自然と気付き始めました。若いころは思ったように勉強できませんでしたが、社会人になって資格の勉強ができていることが幸せです。

資格の勉強も捨てたものではありません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク