1級ボイラー技士を受験してきました

1級ボイラー技士を受験してきました。試験会場は埼玉大学でした。他にも電気工事士や衛生管理者の試験も行われていましたが、ボイラー技士の試験だけは雰囲気が違いました(笑)。

1級ボイラー技士の受験票。埼玉大学で受験してきました。

スポンサーリンク

ほぼ男しかいない試験会場

ボイラー技士の試験会場には、ほぼ男性しかいないという衝撃の事実。管理人も含めて、中年のおっさんばかりでした。

自分が受験した教室には、奇跡的に女性がいましたが、資格マニアの方でしょうか?ボイラーも1級になると実務経験が必要なので、資格マニアにもかなり壁が高いと思うのですが…

同じ会場で衛生管理者などの試験も実施されていました。こちらは、かなり女性の割合が多かったです。来年は衛生管理者を受験しようと思います(笑)。非常に単純な思考回路です。

試験会場は、埼玉大学でした。またしても大学の写真を撮るのを忘れました。このブログに写真を期待している人はいないはずなのでOKとしましょう。次は気を付けます。

受験会場としての埼玉大学は、非常に受験しやすい会場でした。知り合いの話によると、10年ほど前は、教室にエアコンがなかったそうです。夏の暑い中、電気工事士の実技試験を受験したなんて話を聞きました。さすがに今はそんなことはないでしょう。

1級ボイラー技士の試験内容

今回の試験では、問題を覚えてくる余裕はありませんでした。時間はあまったのですが、分からない問題が多く、問題を覚えようという気力がわきませんでした。

1級ボイラー技士は、過去問と似た問題の出題率が非常に高かったです。今回も8割くらいは、どこかで見たことがあるような問題でした。まるっきり同じという問題は少ないです。一部の選択肢の内容が、過去問とほぼ同じというパターンが多いです。

ボイラー技士の試験は、2級も1級も暗記だけで通用します。管理人もボイラーのことなんてまったく分かっていませんが、今回の1級も暗記だけで乗り切りました。

1級ボイラー技士の参考書には、良い参考書がありません。過去問と2級ボイラー技士の参考書を併用するのがベストなのかなと感じました。

今の2級ボイラーの参考書は、かなりレベルが高いです。管理人は、参考書の紹介を含めて、2級ボイラーの記事を大幅に書きなおす必要があると感じています。

試験の出来

試験の出来は、よく分かりません。

分からない問題も多く、確実に合格点に届いていると言い切れません。結局、ボイラーのことを理解していないので、確実に正解と言える問題が少ないのです。

全体で6割は取れてるかな~といったところです。各科目(ボイラーの構造に関する知識、ボイラーの取扱いに関する知識、燃料及び燃焼に関する知識、関係法令)の足きりである4割もクリアしていると思います。合格発表されるまで少し不安です。

実務経験が必要な1級ボイラー技士

今回、1級ボイラー技士を受験しましたが、合格しても資格になりません。実務経験が2年必要だからです。資格を取得するために受験したわけではないので、資格にならなくてもOKです。

会社に頼めば可能性はありますが、そこまでして資格にこだわっていません。1級ボイラーを取得したら、いきなり飛ばされる可能性もありますしw

最後に

今回の1級ボイラー技士は、資格マニアとしての受験でした。資格マニアと言っても、資格にはならないんですけどね。近いうちに2級ボイラーの記事も書き直す予定です。

ブログに書くべきことが貯まっているのですが、少しずつ片づけていこうと思います。

【1級ボイラー技士】合格体験記
1級ボイラー技士の免許を取得するには、2年間の実務経験が必要です。しかし、1級ボイラーを受験するだけなら、2級ボイラー技士の...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク