平成29年度電験3種の合格発表と感想

平成28年度電験3種の合格率は8.1%でした。ここ数年は合格率が8%前後で安定しています。数字だけ見ると難関資格ですが、理論や機械は合格しやすくなっているようです。文系の人や計算に自信がない人でも合格しやすい資格になったのではないでしょうか?

平成29年度電験3種理論科目の問題冊子。

スポンサーリンク

電験3種の合格率の推移と全体的な難易度

受験年度 合格率
平成23年 5.5%
平成24年 5.9%
平成25年 8.7%
平成26年 8.4%
平成27年 7.7%
平成28年 8.5%
平成29年 8.1%

合格率は安定しています。ここ5年ほどは、7.7~8.7%という狭い範囲を上下しています。合格率10%を切る資格は、一般的には難関資格です。

管理人は、電験3種は努力で合格できる試験だと思っていました。

しかし、以前の会社の電験3種持ちの先輩は、電験3種は努力だけでは合格できないと言っていました。人によっては、電験3種に費やす時間は無駄になるとも言っていました。その上司に、管理人は「君は頭が良いから分からないんだ」と言われました。

ただ、努力と言っても、中途半端な努力では合格できない試験だと思います。平均的な学力の人は、1000時間単位の努力が必要だと思います。

1000時間単位の努力をしても合格できない人もいると思います。電験3種は、3000時間勉強しても、確実に合格できる試験ではありません。

あなたにとって、電験3種は有限な人生の時間の多くを使う価値がありますか?答えが「Yes」ならば、電験3種は努力で合格できる試験だと言っておきます。

他の資格試験の合格率との比較

他の資格試験では合格率が20%を切ると難関だと感じます。合格率が20%台~30%台くらいで普通の難易度。40%台以上は簡単に感じます。これは受験者の母体によって大きく変わりますが、受験制限がない資格だとだいたいこのような印象です。

電験3種の場合は、最近は合格率が10%を切るので超難関でしょう。科目合格率も20%を切るので、科目合格するだけでも難関だと思います。

平成29年度電験3種の各科目合格点

科目名 理論 電力 機械 法規
合格点 55点 55点 55点 55点

6割取れれば電験3種は合格と言われていますが、今は5割5分の試験ですね。平成28年も法規が54点だった以外は、すべての科目のボーダーが55点でした。

半分とプラス1問で正解の試験です。しかもマークシート式です。それだけ聞くと合格しやすい試験なのですが、電験2種や1種持ちでも確実に満点が取れる試験ではありません。問題の一つ一つは非常に難しいです。

実力のある受験者とある程度の実力と運がある受験者が合格しているイメージです。4割程度実力で正解できれば、あとは運で合格できる可能性も十分あります。

平成29年度電験3種の各科目合格率(全科目合格者含む)

科目名 理論 電力 機械 法規
合格率 19.4% 13.6% 16.3% 16.2%

理論

理論の合格率は19.4%でした。難易度は易しかったでしょうか。

去年の理論の合格率は18.5%でした。理論や機械などの計算が多い科目は、ここ数年簡単になっています。計算問題も簡単な問題も多いですし、平成28年度のような変な問題もありませんでした。

計算力のない人は絶対に受からない試験というわけではなくなったようです。それでもある程度の計算力は必要ですが。

電力

電力の合格率は13.6%でした。難易度はやや難しかったでしょうか。

去年の電力の合格率は12.4%でした。2年連続難しかったようです。それほど難しい問題はないようですが、全体的に少し難し目の問題が多かったのでしょうか?

一番実務に近い科目だから、難しくしてきたのか?それとも平成30年度は、3度目の正直で易しくなるのか注目です。

昔は、電力は簡単な年度が多かったのですが、試験センターのさじ加減一つでどの科目の難易度も調整できるのです。

機械

機械の合格率は16.3%でした。難易度は普通でしょうか。

去年の機械の合格率は24.3%でした。電験3種は機械がもっとも難しいと言われていた時代は、「今は昔」。今の機械は単なる4科目のうちの1科目です。

難易度は毎年上下しますが、ものすごく難易度を上げるということはないのかもしれません。全体的に簡単な計算問題が増えた気がします。

電験3種は、計算の試験ではなくなりつつあります。同じようなパターンの計算問題の出題が増えています。もうネタ切れかもしれません。←と書いていると、新傾向の問題が出題されるわけですw

法規

法規の合格率は16.2%でした。難易度は普通でしょうか。

去年の法規の合格率は14.2%でした。去年の法規は文章問題が多かったですが、今年は例年通り4割程度は計算問題でした。簡単な計算問題を拾って、残りの文章問題を頑張って解くという例年通りの対策が使えた年度だったようです。

ただ、平成28年度のように出題傾向を突然変えることがあります。文章問題も計算問題も万遍なく勉強してくださいということでしょう。

最後に

電験3種に合格された方はおめでとうございます。

科目合格された方もおめでとうございます。科目合格するだけでも難関です。ぜひ来年も科目合格のアドバンテージを活かして挑戦してみてください!電験3種を取得しても、人生バラ色にはなりませんが、ペーパーでも持っていて損はない資格です。

受験された皆様、お疲れさまでした。

かなり記事の公開が遅れましたが、たまにはこちらのブログも更新していこうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク